クラブハウスとは何か?人気急上昇のワケ始め方と招待のしくみ

ライフスタイル
スポンサーリンク

まいど、零多朗(@reitaro_blog)です♪

 

Clubhouse(クラブハウス)ってどんなの?音声SNSアプリ
メディアでも徐々に報道されており、耳にした方も多いでしょう。

ゴルフ場の休憩所ではありませんよ!
カニの家でも有りません。。

そんな音声双方向SNSアプリのクラブハウスの機能について少しご紹介したいと思います。

音声版フェイスブックと言われる所以

2020年2月アメリカ・サンフランシスコ州のスタートアップ企業

「Alpha Exploration Co.」が同年3月にリリースした音声を主体とした

SNSが「Clubhouse(クラブハウス)」です。

 

文字や画像、映像によるSNSはフェイスブック、インスタ、Youtube

今や世界中で欠く事の出来ないメディアに成長しています。

 

Clubhouse(クラブハウス)はこれまでに、あまり広がりを見せなかった

音声のみによる双方向SNSです

 

ここに来て、急激にユーザー数を増やしているClubhouse(クラブハウス)

はどんなアプリなのでしょうか?

以下のような特徴があります。

  • ライブ音声によるSNS
  • ROOMが準備されている
  • オンデマンド機能が無い
  • オーディエンス(聴衆)も招待で参加出来る
  • 招待されないと使えない

 

ライブ音声によるSNS

リアルタイムにトークルームで会話を楽しむことが出来ます。

もちろん、ラジオのように聞く事だけでもOKです。

著名な方や芸能人も多数利用されていますので、その会話を聞くのも楽しみの一つです。

でも、ラジオと違って公共性は低いので、より身近に感じるはずです!

 

ROOMが準備されている

ROOMと言われるトークルームが用意されており、用途に応じて利用できます。

ROOMの種類3つ

open  誰でも参加できる
(芸能人はopenでの運用が多いようです)
social  フォローし合ってるメンバーのみ参加出来る。
close  招待したメンバーのみ参加出来る。

 

オンデマンド機能が無い

オンデマンド機能は無く録音等は禁止

基本的にはリアルタイムに聞き流すスタイルです。

 

その為、著名人などの会話もあとから上げ足取られる事も少ないので、

比較的にフランクになりがちでしょう。

ファンにはそういった一面をリアルタイムに共有できるのもレア感でたまらないはずです。

 

オーディエンス(聴衆)も招待で参加出来る

コロナ禍で会う事も自粛が求められる今、著名人側もファンや関係各位と直接つながる

事が出来る場となるはずです。

 

ファン側はテレビやラジオ、Youtubeでは一方的に視聴する側でしたが、クラブハウスでは、

オーデイエンスとして視聴する一方、手を挙げて参加を表明できます。

主催側が参加を承認すれば、同じ壇上でトークも可能なのです。

 

リアルタイムに同じフィールドで参加可能なのは今までにないツールと言えそうです。

 

招待されないと使えない

大きな特徴の一つと言えるのが、アプリを使うには既に利用してる

利用者から招待を受けて初めて参加できるのです。

 

しかし、招待する側は最初は招待枠が2名となっています。

 

その為、招待枠にプレミア感が付き、利用の希望者が殺到しているようです。

利用者は、クラブハウスをより活用していく事で招待枠増やす事が出来ます

 

初期の招待枠が設けられている事が人気に拍車をかけている要因でもあります。

 

爆発的な利用者の増加にプラットフォームのキャパシティが超えないように

制御してるのかも知れませんが、それが逆に功を奏してるみたいです。

 

始め方 ダウンロード

アプリのダウンロードは現在IOSのみの対応となっており、android版は現時点では未対応です。

ただ、反響の大きさから今後はアンドロイド版の対応もをする事は間違いないでしょう。

App Storeでダウンロードすることが出来ます。
※アプリ日本語版はありません、表記はすべて英語です。

ダウンロード

1.ダウンロードします。

 

2.ボタンをタップします。

 

3.電話番号を入力します。

 

4.SMSに承認コードが届きますので入力します。

 

5.次の画面で、氏名とユーザーネームを入力すると

 

6.ウエイト状態のままとなります。

 

ダウンロードまでは出来ますが、ウエイトのまま電話帳内の登録者が

利用者となった時を待つことになります。

 

手っ取り早いのは、利用されてる方に直接招待を受ける方法です。

その場合、利用されている方の電話番号が電話帳に登録されている必要があります。

 

今後の色んな利用法

簡単な会議など、会社での利用も今後は進むかもしれませんね。

ソーシャルディスタンスなど、現在の状況を鑑みると急速に普及して

1年後には当たり前に誰でも利用するアプリになっているかも知れません。

 

単なる個人の雑談から、企業の様々なイベントなどまでにも利用可能で、

アイデア次第で無限の可能性を持っているとも言えます。

 

SNSではありますが、フォロワーを増やすのが目的ではなく本当に繋がりたい

真にコミュニケーションが図る事の出来る、

人と人とが分かりあえる気持ちが伝えられるツールのような気がします。

 

文字による伝わり方と音声による伝わり方は微妙なニュアンスが違います。

 

まとめ

如何でしたか?

 

音声SNSのClubhouseについてその特徴を解説しました。

 

現在は招待制のため、すぐに利用できないかもしれません。

しかし、普及が進むとより便利に使えるようになるはずです。

それまで多くの時間はかからないでしょう。

コメント